俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS ライブドア崩壊の私的影響

<<   作成日時 : 2006/01/24 19:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ライブドアの社長・役員が証券取引法違反の容疑で逮捕されたが、TVやラジオが通常番組を休止してまで特番を放送するほどの事なのだろうか?

連行される容疑者の乗った車の映像を流されてもしょうがないんだけどな。
テレビ朝日でやっていた電話インタビューもあんなに垂れ流さなくてもいいんじゃないかと思ったが、
あれはどの程度編集してたんだろう。
恣意的に編集するよりは全部ノーカットでやったほうがいいと思うけど。

ライブドアは実体とかけ離れた株価の時価総額を利用したM&Aで膨張していたようだが、80年台後半からのバブル経済とその崩壊でわかるように、ああいうものは無限に続けられるものでは無い。
法の網をかいくぐっていただけならまだよかったのだろうが、法の網を破っていたのがバレてしまい、ライブドアという会社は意外と早く崩壊しそうになっている。


「ライブドア」が無くなったとして、自分に影響があるかどうか検討してみた。

1.IT系企業の株価下落
これは一時的なものでそのうち回復するはず。
買うならチャンスかもしれない。(今日はもう反発して上がったようだ)
株式投資をしてないので私には関係無いが。

2.「ライブドア」の本業であるはずのポータルサイトやインターネット上での各種サービス
全く利用していないので、無くなっても困らない。

3.「ライブドア」に買収された会社
ほとんど利用していないし、まともな会社なら事業を継続できるでしょう。
というわけで、ライブドアが消えても困ることは無い。
「ど〜でもいいですよっ」というところかな (祝結婚>>だいたひかるさん)



インターネットを利用しはじめて10年以上経つが、ホームページやフリーメール、ブログなど
ネット上での各種サービスを利用してきた。
今まで使っていたところが大手IT系企業に買収されてサービスをやめたり内容を変更したりされた。
しかし、楽天やYahoo!の傘下に入ってしまったところはいくつもあるのに、幸いにもライブドア傘下に入ったところはひとつも無い。

旧ライブドアが無料プロバイダだった頃にlivedoorからスパムが多かったのでlivedoor.comからのメールを受信拒否していたおかげかも。


野党の国会議員にも一言
そんなホリエモンを選挙に担ぎだしたことで、自民党を責めてもしょうがないぞ!
国の将来を見据えた政策論議をやりなよ。
国民はバカ(昨年の衆議院選で自民党を大勝させたやつら)ばっかりじゃないぞ。

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ライブドア崩壊の私的影響 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる