俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ダ・ヴィンチ・コード」を読んで

<<   作成日時 : 2006/05/24 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画公開直前に「ダ・ヴィンチ・コード」の日本語版を文庫本を読んだ。
その結果、わざわざ映画を見に行くまでも無いと思った。

内容については、ネタバレになるので書きません(あちこちで書かれているけどね)が簡単な感想だけ。

・途中は結構緊迫した逃走と追跡で映画にすれば面白いかもな〜と思った。

・フィクションだったら、あんな尻切れトンボのよう結末ではなく、読者が驚くようなネタが欲しかった。
例えば、「キリストの子孫が今もパレスチナの地に住んでいる」とか、
実は預言者ムハンマドもキリストの子孫だった」とかね。
イスラム教を弄るとなると、命がけになるから無理か。



宗教なんて人が作ったもので、信じる人は信じればいいし、そうでない私のような人間には意味のないこと。
とはいえ、時の権力者を取り込んだ宗教が勢力を拡大し、その結果、いくつかの宗教がこの地球上の人々の生活に大きな影響を与えているのは否定しようがない事実だ。

別の宗教同士ならともかく、同じ宗教の派閥間で殺し合ったりしている現実を見たら、信仰だけではなく、政治的な思惑が絡んでるとしか思えないし、それぞれの神様たちが知ったら放っておかないような気がするんだけど(本当にいたならの話だけど)。

タイムマシンがあれば、モーゼ釈迦キリストマホメット(ムハンマド)らを現代に連れてきて現状を見せてあげたいものだ。
彼らは神様じゃないらしいけど。

ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダ・ヴィンチ・コード(上) (角川文庫)

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「ダ・ヴィンチ・コード」を読んで 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる