俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 天皇杯準決勝 (浦和 2-1 鹿島) やっぱり小野ポンは頼りになる

<<   作成日時 : 2006/12/31 10:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

久しぶりに国立競技場に行って来た。
今年はこれが最初で最後の生観戦だ。

国立でレッズ戦を見るのは2003年のナビスコ杯決勝以来。
昔は鹿島には悔しい思いをさせられてばかりだったが、前年の雪辱をはらしたあの決勝以後は鹿島には負ける気がしない。

試合開始前の浦和ゴール裏
試合開始前の浦和ゴール裏

試合開始から数分は、ほとんど攻め込まれてばかりだったがあっちのFWの顔ぶれのせいかゴールを奪われるような気がしなかった。

徐々にペースを取り戻し、浦和も時々相手ゴール前まで行くが、得点にはつながらない。

前半40分、「前半はこのまま0-0で終えて後半になんとかしてくれれれば」と思っていたところですばらしい攻めが見られた。

相手エリア内で、ポンテと啓太の二人がかりでボールを奪い取ると、ワンタッチパスを繋いででゴール前へボールを運び、最後は小野の技ありシュートでゴール。


後半は、ほぼ互角の攻防。
途中で相手は二人同時に選手交替してきた。
引っ込んだうちの一人はFWのヘナギ、「せっかく良い感じで得点しない雰囲気を醸し出していたのに、あいつがいなくなるのは嫌だな〜」と思っていたら、後半20分にセットプレーから背中で押し込まれて同点にされてしまった。
しかし、鹿島には逆点されてしまうほどの勢いは感じない。

5回戦、準々決勝と2試合続けて延長戦を戦っている。
また、延長戦をやる気なのかな?
「ギドと少しでも長くサッカーをしたくて、90分でやめずに毎試合120分やろうとしてるのか?」などと思い始めた後半の37分。

ポンテのシュートが相手DFに当たってコースが変わり、GKの逆をついてゴール。

その後の鹿島の攻めもなんとかしのいで試合終了。

試合終了直後の浦和ゴール裏
試合終了直後の浦和ゴール裏


2006年は天皇杯の決勝で勝って始まり、Jリーグ初優勝を成し遂げ、今日の勝利で終えることができた。
2007年も天皇杯の決勝で勝って始めよう。

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
天皇杯準決勝 (浦和 2-1 鹿島) やっぱり小野ポンは頼りになる 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる