俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS (浦和 1-0 名古屋) ルーキー原口の初ゴール

<<   作成日時 : 2009/04/12 16:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2009年Jリーグ第5節(4月12日)

今日の相手は昨年4試合やって1度も勝てなかった名古屋だ。

(前半)
今日も山田(直)が先発メンバーに入っている。
前節復帰した三都主も元気で出場している。

開始直後から攻め込み、1分もたたないうちに達也が最初のシュート。
DFに阻まれてCKになったが、得点にはならなかった。

10分過ぎから、お互いに中盤で相手のパスをカットし合いなかなかゴールへ迫れなくなる。

22分 達也を下げて17歳の原口を入れる。
怪我したようにも見えないのに何故この時間に達也を交代させたのかはわからない。

この頃から、名古屋ペースになり、ほとんど浦和サイドで攻撃を続けている。

残り時間が少なくなった頃、ようやく浦和も反攻し始める。

43分 ポンテがペナルティエリア内へ放り込み闘莉王が折り返す。
エジミウソンが相手DF競り合ってこぼれたボールを原口がシュート。
原口のプロ初ゴールで1点先制。

このまま 1-0で前半終了。

(後半)
ハーフタイムで名古屋の監督が「逆転しろ」という指示を出したらしく、開始早々から名古屋が攻勢に出る。

しかし、しばらくすると浦和もペース取り戻し、お互いに攻めあう展開になる。

9分 黄紙をもらった三都主に代えて細貝を入れる。

15分過ぎから、名古屋のペースになり防戦一方になる。

22分 相手エリアで阿部がパスをカットしドリブルシュート。
   シュートは外れたが、相手の足がかかってFKを得るが、得点には結びつかず。

27分 カウンターアタックでエジミウソンが相手ペナルティエリアに持ち込みそのままシュート。
   しかし、GKに阻まれ得点ならず。

37分 タッチライン際の競り合いで、ポンテと相手選手がエキサイトしてしまう。
相手の選手は監督が制止している。
他の選手も集まってきてなかなか収拾がつかない。
3分後、両選手に黄紙が出てなんとか試合再開。

エキサイトしたポンテに下げて高原を入れる。

その後も、お互いに激しい接触プレーが続きときどき小競り合いになる。

残り時間が少なくなってくると、追いつきたい名古屋が攻勢に出るが、浦和は守りながら時間を使う。

1-0のまま試合終了


原口のプロ初ゴールで2007年のJ1リーグ12節以来2年ぶりに名古屋に勝つことができた。
山田(直)もいい働きをしていたし、若い選手の活躍はうれしい。

監督インタビューによれば、達也の交代は肉離れを起こしたためだそうだ。

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(浦和 1-0 名古屋) ルーキー原口の初ゴール 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる