俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 渚にて - 人類最後の日

<<   作成日時 : 2009/09/07 00:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

映画の「渚にて」を見た。
先日NHK-BSで放送されたものを録画しておいたので、この週末に見た。

原作の邦題も同じ「渚にて」というSF小説だ。
原作が書かれたのは1957年、東西冷戦の頃だ。
映画は自分生まれた年(1959年)の作品だ。

この映画を見たのは初めてだが、原作は中学生の頃に読んでおり、その時に思い浮かべたラストシーンは頭に刻み込まれている。
私が、核兵器はもちろん原子力発電にも否定的なのはこの作品の影響も大きいと思う。




核兵器を使いまくった第三次世界大戦で、放射能に覆われ北半球はの死滅。
舞台となったオーストラリアにも放射性物質が南下し、近いうちに人類は死滅してしまうのが明らか。
そんな状況での人々の様子を描いている。

実際にこんなことになったら、こんなに冷静に対応できるのかな?という気がするほど淡々としている。
戦いのシーンや核兵器が使われるシーンなどは無く全体に静かだ。
しかし、それだけに怖い。

映画のラストシーンは原作でのラストの後に、誰もいなくなった街の様子追加していたが、あそこは無くてもよかったかも。

できれば核兵器を肯定する人に原作を読んでもらいたい。




渚にて【新版】 人類最後の日 (創元SF文庫)
東京創元社
ネヴィル・シュート
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



渚にて [DVD]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2006-11-24
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ



このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
渚にて - 人類最後の日 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる