俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 少子化は「問題」なのか

<<   作成日時 : 2008/09/20 23:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

少子高齢化が問題だと言われているが、出生率が下がり将来的に人口が減っていくということが何故問題なのだろうか。
少子化というより、若者に比べて高齢者の人口が多くなる高齢化の方が問題なのだろうが、そういうことは自然とバランスがとれていくのではないだろうか。

日本の場合、この狭く山地の多い国土に1億2千人以上の人が住んでいるというのは多すぎるだろう。
明確な根拠があるわけではないが、せいぜい半分の数千万人ぐらいが適正ではないか。

とはいえ、戦争でもなければ人口は急に減るようなものではない。
星新一のショートショート「生活維持省」のように国家が強制的に間引きするわけにはいかないし。

出生率が下がっているということは、自然に人口が減るわけだからかえって良いことではないか。
人口推計によると数十年後には今の半分ぐらいはなるようだが。

少子化でのデメリットがいくつか上げられているが、少子化に対応した社会の構築することで克服できるはず。
人口密度が下がるメリットのほうが上だと思う。



「生活維持省」と「イキガミ」

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
少子化は「問題」なのか 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる