俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 混浴おやじ秘湯めぐり 2009・春 吾妻高湯温泉(福島市)

<<   作成日時 : 2009/04/02 12:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 2

3月31日(火曜)
休みが取れたので、使用期限最終日となった自遊人の温泉パスポートを使って露天風呂めぐりすることにした。

候補としては下記の4箇所、相模屋旅館以外はまだ入ったことがない。
吾妻高湯温泉・安達屋
吾妻高湯温泉・花月ハイランドホテル
横向温泉・マウント磐梯
新野地温泉・相模屋旅館


通勤割引が利くように9時少し前に白河ICから東北道へ入る。

路側の電光掲示板に「夏タイヤ危険 東北はまだ冬」と表示されている。
10日ほど前に夏タイヤに履き替えてしまった。
先週は我が家の周辺でも少し雪が積もったけれど今日の天気では心配はなさそうだ。

松川SAのスマートICで降りて、新野地温泉へ。

国道115号から新野地温泉方面の県道に入り、少し進むと道路に雪が残っていた。
最初の積雪は道路の一部だけだったので先に進んだが、次に現われた積雪箇所は道路全面が覆われている。
進むか戻るか少し迷ったが、相模屋旅館の露天風呂は以前入ったことがあるので、今日はあきらめて戻ることにした。
旅館の露天風呂にしては野湯のようにワイルドで好きな露天風呂の一つなのだが。

横向温泉への道も同じような状況になっているかもしれないので行くのを止めて、予定になかった土湯温泉へ行ってみることにした。


土湯温泉の案内所の外に、日帰り入浴可能な施設の一覧表が掲げてあり、
その日の利用可否と、利用可能時間帯がわかるようになっている。

ほとんどの施設が今日は「利用可」だったが、入りたかった不動湯は「不可」になっている。
(1月上旬〜3月末までは冬期休業で4月1日から営業再開だそうだ)
しかも、まだ時間が早く(AM10時半)ほとんどのところが利用できる時間になっていない。
ということで、土湯温泉もパスして高湯温泉へ。


まず、花月ハイランドホテルへ行ったが、「今日は休館」だといわれてしまった。

予定していた中で残るのは「安達屋」だけだ。
しかし、ここは火曜・金曜は清掃のため14時からしか入れない。

しかたがないので、余裕があったら入ってみようと思っていた高湯温泉の共同浴場「あったか湯」に入る。
料金は250円と安い。
まだ新しい施設なので風呂も休憩室も綺麗だ。

ここは、男女別の露天風呂と貸切露天風呂だけで内湯は無い。
露天風呂といっても湯船の上全体に屋根がある半露天風呂だ。
また周りも囲われており周りの景色もよく見えない。

源泉のすぐそばにあり、高湯温泉のなかでも硫化水素が濃いお湯だ。

あったか湯の源泉
あったか湯の源泉
ここより下にある旅館にも引湯されている


源泉からあったか湯への木樋
源泉からあったか湯への木樋
奥に屋根が見えるのがあったか湯の露天風呂

あったか湯を出たところでようやくお昼だ。
高湯温泉で唯一のドライブイン清水屋で昼食。
あったか湯は高湯温泉旅館協同組合の案内所も兼ねており、旅館などのパンフレットも置いてある。
その中に清水屋の割引券もあり、食事が100円引きになる。

店の様子からあまり期待できなかったので、ざるそばはやめてあたたかい温泉玉子そばを注文。
しかし、やっぱりざるで食べてみてもよかったかな〜と思えるような蕎麦だった。
蕎麦を食べ始めたら店の親父さんが小鉢を持ってきて「できたばかりのふきのとうの佃煮」と言って置いていった。

出来立てをサービスしてくれたのだが、これがまだ温かくて食べると口の中にふきのとうの香りが広がる。
味も濃くなくて、佃煮だけでも食べられる。
ほんの少しだったが、蕎麦よりもこの佃煮を食べられたことで満足してしまった。


安達屋の露天風呂に入る前にどこかほかの宿の風呂に入ってみようかとも考えたが、
昼食後ということで眠くなってしまい、車の中で昼寝をしてしまった。


14時半頃になって昼寝から覚め、安達屋へ。
今日の一番の目的だった大気の湯という大露天風呂へ向かう。
男性の脱衣所からは短い廊下を通って混浴の露天風呂へ直結している。
女性の方は女性専用露天風呂があり、そこから混浴のエリアへ出られるようになっている。
露天ぶろは長さ30mということだが、細長く幅が狭い。
ゆっくり入れるのは一番奥ほうだけで、そこへ行くまでは狭い湯道になっており、その脇に寝湯・打たせ湯・洞窟風呂が並んでいる。
まだ気温が低いため、打たせ湯は湯を出していなかった。

洞窟風呂は天然の洞窟ではなく、わざわざ岩などを使って作ったもののようだ。
くの字に曲がっており洞窟の両側から出入りできる。
(片側にしか出入り口がないと、硫化水素が溜まってしまい大変なことになってしまうだろう)
ここの洞窟風呂については、カップルが占領していて入れなかったという話をよく聞くが、実際に見て納得できた。
この日も一組入っていたが、やはり先客がいると入りづらい。

しかし、露天風呂そのものは開放的で気持ちがいい。
この時期はまだ裏の林の木々が裸同然だが、新緑の頃や秋にまた入ってみたい。
大気の湯のイメージ
大気の湯のイメージ


安達屋の日帰り入浴
・料金:
  大人 700円 小学生以下 400円
・受付時間:
  平日 10:00〜17:00(火・金は清掃のため14:00〜17:00)
  土・日・休日 10:00〜15:00
  利用は1時間以内
混雑時には断られる場合もあるので、要事前確認。
TEL 024-591-1155





タビリエ 湯布院・別府・黒川温泉 (タビリエ (35))
ジェイティビィパブリッシング

ユーザレビュー:
旅行で大活躍★九州旅 ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ


このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
混浴おやじ秘湯めぐり 2012・夏 東北編(2日目)
8月24日(金曜) 今日のメインは広河原温泉・湯ノ沢間欠泉 湯の華。 日本で唯一の間欠泉のお湯にそのまま入れる露天風呂だ。 ...続きを見る
俺は見たんだ!
2012/08/31 23:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
安達屋露天の手前は、打たせ湯がなくて泡が浮かび、澱んでいる、という印象を持ちました。良い時期には、良い湯なんでしょうけどね〜。

相模屋へのアクセス路は、冬は危険な道ですね〜。

オラにとっては2回目の自遊人のパスポ期間が終わり、湯の道しるべが消滅!?(一部を除き単に有料に戻っただけですが)。 これからどこを回ろうか迷うております〜(笑)。
かやのんち
2009/04/04 20:11
>打たせ湯がなくて泡が浮かび、澱んでいる
私が入ったのは掃除した直後のはずなので、まだ綺麗でした。

>相模屋へのアクセス路は、冬は危険な道ですね〜。
あれでも、昔よりは改良されて良くなってるんですけどね。

土日の高速代が安くなったので、少し温泉めぐりしやすくなりますね。
RINTA
2009/04/04 21:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
混浴おやじ秘湯めぐり 2009・春 吾妻高湯温泉(福島市) 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる