俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS (浦和 0-4 神戸) ほろ苦い初先発

<<   作成日時 : 2010/12/04 17:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2010年Jリーグ第34節(12月04日)
最終節の相手はJ2降格争いをしている神戸。
相手にとっては重要な試合だが、こちらはフィンケ体制最後の試合というだけだ。
先発メンバー:
GK 山岸
DF 岡本、濱田、坪井、宇賀神
MF 柏木、細貝、エスクデロ、高橋
FW ポンテ、エジミウソン

サブ 加藤、スピラノヴィッチ、平川、啓太、堀之内、高崎、原口
山田(暢)が出場停止で初先発の濱田がCBに入っている。

(前半)
気合の入った相手が開始から積極てきにボールを奪いにきている。

15分ぐらいから、相手の勢いも弱まり、こちらの攻撃機会が増えるが、
いつものように得点にはならない。

31分 相手陣内からの長いボールを濱田が頭でGKに渡そうとしたが失敗。
  そのボールを相手に取られてあっさりと失点。
  優勢な時間帯に失点するのは痛い。

0-1で前半終了。

(後半)
前半と同じメンバーで後半開始。

開始直後から相手が積極的に攻めてくる。

4分 ペナルティエリアに入ったばかりところで、濱田が相手の足を引っ掛けて倒してしまい、
  PKを献上してしてしまう。
  落ち込んでいる濱田に代えて堀之内を入れる。

6分 PKを決められて0-2とリードを広げられてしまう。

14分 攻めに人数をかけていたが、カウンターに対応できずあっさりと失点。

25分 前半からダメージお受け続けていた細貝に代わり啓太を入れる。

3点リードした相手だが守備に専念することもなく追加点を狙ってきているが、
その隙をつくこともできない。
それどころか、ラフプレーで黄色紙を沢山もらってしまっている。

42分 ポンテに代わり原口を入れる。

49分 恒例のロスタイム失点で0-4になる。

結局リーグ戦では神戸から1点もとることができず、0-4 で試合終了。


攻め込んでも得点につなげられないし、ロスタイムに失点するという、
今年のチーム象徴するような試合だった。

ポンテの浦和での最後の試合がこれでは情けないよ。

2失点に絡んでしまった濱田が心配だが、これをバネに奮起してもらいたい。

このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
(浦和 0-4 神戸) ほろ苦い初先発 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる