俺は見たんだ!

アクセスカウンタ

zoom RSS 日産リーフ モニター体験記

<<   作成日時 : 2017/07/15 17:01   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

日産の電気自動車リーフのモニターキャンペーンで1週間だけ試乗したときの記録です。

借りたのは2017年7月8日(土)〜15日の1週間。
車種はリーフ 30X thanks edition
貸してくれたディーラーは日産プリンス黒磯店 

モニターキャンペーンでお試しいただきたいこととして挙げられていたうちの

・通勤で使ってみる
・充電スタンドを利用してみる
・チョイ乗りしてみる
・せっかくだしドライブに出かけてみる
・電費走行にチャレンジしてみる
などを実行してみました。

ちなみに、モニター期間中は日産のディーラーで急速充電器を使う場合は無料で充電でる。

1日目:7月8日(土)
夕方に借り受けて、自宅へ戻り自宅周辺をチョイ乗り。
さすがに静かだ。
エアコンをOffにすれば、ロードノイズと風切り音ぐらいしか聞こえない。
画像


2日目:7月9日(日)
日曜日なので、日帰りのドライブ。
栃木県といえば日光だろうということで、化粧直ししたたばかりの東照宮の陽明門を見に行った。
画像
陽明門


加速が良いので、合流や追い越しは楽だった。

いろは坂を登ってみようかとも思ったが、上まで行くと途中で充電しないと帰れそうにないので、この日はあきらめて帰り、黒磯のディーラーで充電してから帰宅。
走行距離は約150Km

3日目〜5日目:7月10日〜12日
平日なので通勤のみの1日40Km

加速がよく、アクセルをぐっと踏み込めばあっという間に制限速度に達してしまう。
信号待ちで先頭になったときは、青になるとダッシュし後ろの車を置いてきぼりにするのが楽しみに。
普段乗っているパレットではできないからな。

ただし、駅近くに借りている駐車場への近道が軽自動車がやっと通れる幅なので、
迂回しなければならない。
以前乗ってたスペースギアの頃に戻っただけだけど。

6日目:7月13日(木)
この日から2日間は夏季休暇を取っていたので、1泊2日のドライブへ出かけた。
行先は信州・ビーナスライン沿いの霧ヶ峰にあるニッコウキスゲの群生地。
今がちょうど見頃のはず。若いころは毎年のように見に行っていたが最近ご無沙汰で14年ぶりだ。

画像
自宅出発時のメーター
前日の夜黒磯のディーラーで充電したときに、トリップメーターをクリアした。

那須ICから東北自動車道で南下。
出発時の航続可能距離は196Kmだったが、
リーフでは初の高速走行だったので、調子に乗って走っていたら航続可能距離がどんどん減っていく。
バッテリーの残りが40%切ったので、最寄りの充電スポットだった都賀西方PAで充電。
充電を始めたときは36%になっていたが終了後は97%。

岩船JCTから北関東道を通っていけば近いのだが、埼玉方面まで行き、開通してから一度も走ったことがない圏央道を経由して関越道へ入って北上。

次は横川SAで充電しようと思っていたが、持ちそうにないので上里SAで2度目の充電。
画像
上里SAで充電中
近くにスタバがある

先客がいたため10分ほど待ってから充電開始。
しかし、30分充電しても残量が36%から59%に増えただけだった。
ここの充電器は最大出力44Kwのはずなんだけどな。
バッテリー自体の温度が上がっているのが原因かもしれない。

上里SA(下り)の充電器は全くの露天。
充電器が見える位置にスタバもあるので荒天時はここで待てるかな。

画像
横川SAで充電中
駐車スペース全体に屋根がある

横川SAまでは上り坂が多く、上里SAで充電しないとたどり着けなかったかも。

横川SA(下り)の充電器は駐車スペースまで屋根がある。
近くの芝生園地にベンチやテーブルがあるので天気がよければここで待てる。
ここでは95%まで充電できてひと安心。

佐久北ICで降りて小諸市内の宿へ。

7日目:7月14日(金)
ジャパンチャージネットワークで充電スポットを検索すると、ビーナスライン方面には急速充電スポットがまったく出てこない。
山の方へ上る前に日産のでディーラーで充電したいのだが、長野県内では9:30〜19:30しかできないところが多いようだ。
宿の近くにあったところもそうだったので、24時間利用可能な日産プリンス佐久店まで行って充電。
充電器は営業所の奥まったところにあり、全くの露天。
営業時間前で誰もいなかったが、充電器までは行けるように少し入り口をあけてあった。
朝とはいえ日差しが強く暑いので、建物の影(けっこう狭い)ところに立って充電が終わるまで待っていた。

無事に97%まで充電でき、安心してビーナスラインへ行ける。

画像
目的地の車山肩


霧ヶ峰で久しぶりのニッコウキスゲが見られた。
昔は道路わきにも群生していたのだが、野生動物に食べられて壊滅状態になったらしい。
今は、電気柵で囲まれた範囲だけ復活しているそうだ。

ここまで距離は短いものの、わりと急な登り坂でバッテリ残量はは60%程度に下がっている。

画像
バックの黄色が車山のニッコウキスゲ

花を楽しんだ後に山小屋でひと休みしている間に雨が降り出したので帰路につく。

30数年前ひと夏を過ごした白樺湖を懐かしんで車で一周していたら、湖畔にあるすずらんの湯という日帰り温泉施設に急速充電器が設置してあるのが見えた。


帰路は、一般道を通って小諸-軽井沢-旧碓氷峠-横川駅-安中-高崎。

下りは、ecoモードで走ると回生ブレーキが効きバッテリーにも充電される。
長い下りではシフトをBレンジにして、できるだけエネルギーを回収できるように走ってみた。
小諸まで下りたころには残量63%まで回復していた。

碓氷峠の下りは旧道を通ったが、こちらはカーブが多くスピードも出ないため回生エネルギーも少ない。
碓氷バイパスを下ったほうがエネルギーを回収できたかもしれない。

途中の群馬日産安中高崎西店で充電。
ここも充電器は露天だが、営業所の中で待たせてもらった。

高崎からは北関東道・東北道を走る。
高崎付近は雷雨で見通しが悪かったのでゆっくり走っていたが、雨が止んでからも、行きとは違ってのんびり走ってみた。

それでも高速走行はバッテリーの減りが早く、充電しないと家に帰りつけるかどうかわからい状況になてしまう。
矢板ICで降りて、栃木日産 矢板店で充電することに。
充電を始めたときはバッテリー残量が22%だったが終了後は90%まで回復していた。

ここも露天だが、屋外に喫煙所がありベンチが置いてあったのでそこで待たせてもらった。
屋外だが一応屋根があるので雨天でも大丈夫かな。

矢板からは一般道で自宅まで。平日夕方の渋滞に巻き込まれたため1時間程度かかってしまった。

2日間で走った距離は653,1Kmだった。
その間の急速充電が6回、時間にすると待ち時間も入れて4時間弱。



一週間で合計950Km走ってみて、電気自動車は走りはきびきびして静かでこの走りは欲しいと
思わせる反面、航続距離がまだ短く、自宅から遠く離れなければいいけれど、
そうでなければまだ実用的ではないという結論に達した。

ノートのe-Powerはリーフと同じモーターを使っているそうなので、あの走りが欲しければe-Powerでいいかも。
エンジンは回っているので静かではないようだが。


このブログは、見た事や思いついたことを適当に書いてます。
いろんなものが混ざっているので、テーマでフィルタリングして下さい。

HOME>俺は見たんだ!   ウェブリブログ: [編集] [記事作成]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
日産リーフ モニター体験記 俺は見たんだ!/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる